• ホーム
  • 産後の抜け毛が油断できない!対策法は?

産後の抜け毛が油断できない!対策法は?

鏡を見て、髪を気にする男性

産後に抜け毛が増えて心配になっている人も多いのではないでしょうか。
産後の抜け毛は、出産を経験した人の7割が経験しているというデータもあります。
髪を洗った時に排水溝に大量の髪の毛が流れていくと驚いてしまう人もいるでしょう。
しかし異常があるわけではありませんのでそれ程心配する必要はありません。

産後に髪の毛が抜けてしまう原因として、ホルモンバランスが変化する事があります。
妊娠中は女性ホルモンが増えますので、毛は抜けにくくなり毛深くなってしまう人もいる程です。
出産する事で女性ホルモンが一気に少なくなります。
すると妊娠中に抜けていなかった髪の毛が一気に抜けるという事が起こります。
女性ホルモンだけが原因ではなく、慣れない育児によるストレスも原因になります。

抜け毛が多くなる期間は個人差がありますが、ピークは出産をしてから半年程の間です。
出産すると一気に髪が抜けます。
その後休止期に入る為、2、3か月は髪が生えてこない状態が続きます。
この時期に不安になる人も多いのですが、休止期を過ぎれば、徐々に髪が生えてきますので心配はいりません。
ヘアサイクルが戻ると髪も増えてきます。

そのままにしていてもヘアサイクルは戻ってきますが、それではストレスが溜まってしまうという人もいるでしょう。
何か対策をとりたいという人は、ストレスを溜めない様にして生活習慣を改善する事が重要です。

赤ちゃんが誕生した直後は、3時間おきの授乳が続き寝不足になってしまう事もあります。
たまには旦那さんやおばあちゃんに任せて夜ぐっすり眠る事も大事です。
また、食生活も改善していきましょう。
髪の毛の原料になるたんぱく質を多くとるように心がけて下さい。
特に大豆は女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
豆腐や納豆などを毎日食べる事で、髪の毛の成長を促進させてくれます。
また育毛効果のある亜鉛を積極的に摂りましょう。
亜鉛はカキなどに多く含まれています。

夜もまともに眠れない育児ストレスで脱毛が悪化?

産後の抜け毛は急激な女性ホルモンの減少によって起こります。
抜け毛のピークは通常出産してから半年程です。
女性ホルモンの分泌量に身体が慣れることで、次第にヘアサイクルも整い、抜け毛が減るからです。
けれども人によってはピークを過ぎてもヘアサイクルがなかなか整わず、期間が長引く場合もあります。
その原因としては、育児によるストレスが挙げられます。

赤ちゃんは生まれてすぐの頃、体力と吸う力が弱いため、授乳間隔が短いです。
また授乳以外にもオムツ交換等もあるため、母親は昼夜問わず赤ちゃんと関わらなければなりません。
そうなると母親の睡眠時間は短くなってしまいます。
さらに母親は赤ちゃんが泣いたらすぐに対応しなければならないため、浅い睡眠になってしまうのです。

人は深い眠りの間に脳と身体を休ませます。
睡眠時間が短かったり、浅い睡眠になってしまうと、脳や身体は十分休まることができません。
すると心身にストレスが溜まります。
ストレスが溜まると自律神経が乱れ、ホルモンバランスも悪くなります。
さらにストレスは血流・頭皮環境の悪化も招くため、ヘアサイクルもなかなか整わなくなってしまうのです。
ヘアサイクルが整わず、頭皮環境が悪いとそれだけ抜け毛も多くなってしまいます。
ですので抜け毛の悪化を防ぐためには、育児ストレスへの対策が重要となります。

例えば他の人を積極的に頼り、家事や育児による負担を少しでも減らすようにします。
また育児ストレスの大きな原因は睡眠不足です。
ですので眠れるときは少しでも眠るようにしましょう。
眠りについてすぐの頃は深い眠りに陥りやすいです。
ただし眠る前にパソコンやテレビの光を浴びると脳が覚醒してしまうため、できるだけパソコンやテレビの光は避けるようにします。
眠れるときにいつでも質の良い睡眠をとれるように準備しておくことが重要なのです。