• ホーム
  • 女性の薄毛も増加している?FAGAと治療法

女性の薄毛も増加している?FAGAと治療法

鏡を見て、梳かしている男性

一般的な感覚で言うと、薄毛というのは男性が悩むものだとイメージされるかもしれませんが実際のところ、その通りです。
AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれる状態を指す言葉があり、これを日本語にすると男性型脱毛症と言います。
遺伝や男性ホルモンの影響で薄毛や抜け毛に繋がっていくものであり、進行性のあるものです。

実は近年、女性であっても薄毛や抜け毛に悩まれる方が増えて来ました。
FAGA(Femwomanale Androgenetic Alopecia)と呼ばれる状態であり、日本語だと女性男性型脱毛症と表します。
性別が違うだけで、脱毛症の原因は同じではないかと思う方がいるかもしれませんが、この2つは似て非なるものです。
男性ホルモンというのは女性には存在しないわけではなくて、少なからずあるものです。
女性ホルモンは髪の毛を成長される役割がありますが、これが減少してしまうことで男性ホルモンとのバランスがおかしくなることが薄毛や抜け毛に繋がってしまいます。
そして男性と女性ではその脱毛の症状に違いが見られます。
男性の場合はAGAが進行してしまうと、薄毛というより全ての髪の毛が抜け落ちてしまうほど深刻度が高いです。
対して女性の場合は薄毛が深刻化するというイメージです。
髪の毛は細くなり、全てが無くなるわけではありませんが、抜け毛も目立つようになり、全体的に髪の量がとても薄くなってしまうのです。

もちろん女性の薄毛に効果がある薬が存在していますので、それらを使用して治療するのは有効です。
しかしAGAに対して多大な効果が期待できるプロペシアの服用は絶対に止めましょう。
その理由は大きく2つあります。

まず1つ目はプロペシアは女性の薄毛に対して効果が期待できないと言われています。
これは成分と人間のメカニズムの問題ですので、どうあがいても意味がありません。
そしてもう1つは副作用が怖いということです。
特に妊娠中の女性などは胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、絶対に使用は控えましょう。
プロペシア同様に、育毛・発毛効果があることで有名なミノキシジルの投与は女性の薄毛にも有効的な治療と考えられます。
精神的な部分で薄毛というものが起因するのであれば、生活を改善することで効果が見られるかもしれません。
しかしFAGAのように体内のメカニズムが原因なのであれば、正しい治療法を即座に行うことで、進行を止める必要があるでしょう。
そのためにはまず正しい知識が必要です。
インターネットや本、お医者さんに相談するなどして、沢山の情報を集めて下さい。
そのうえで総合的に判断しましょう。

女性はプロペシアは服用してはいけない

男性が発症するAGAの場合は男性ホルモンの過剰分泌を抑制することで薄毛や抜け毛を治療する方法が確立されています。
そして、それに対する治療薬も数多く存在していて、中でもプロペシアは非常に高い発毛率を誇る治療方法として海外ではもちろんのこと、日本国内でも多くのAGA患者が服用をしています。
このように説明をすると同じ男性ホルモンの過剰分泌が原因である女性の薄毛のFAGAに対しても、プロペシアが有効に思えるかもしれませんが、実際のところ女性はプロペシアの服用をすることはできません。

そもそも女性に対してプロペシアが有効かどうかの研究結果がないので効果があるのかどうかすら定かではありません。
また、効果がないだけなら服用して改善するのか確かめることは可能だろうと考えるかもしれないが、実は効果がない理由よりも明確な理由によって服用が禁止されているのです。
プロペシアがAGAに有効な理由は原因の一つであるDHTという男性ホルモンの生成を抑制するからです。
ところが女性が服用してしまうと効果がないどころか、妊娠中である場合には男性胎児にプロペシアの男性ホルモン抑制作用が影響を及ぼして、男児の生殖器に異常をきたす恐れがあります。
また、妊娠している女性の場合は服用するだけでなく、触るだけでもプロペシアの成分を吸収して上記のトラブルが起こる可能性があるので、家族などで服用をしている人がいる場合には取り扱いに注意が必要になります。
では、女性の薄毛に対してはどのような治療方法が有効なのかというと、同じく男性の薄毛の治療でも用いられるミノキシジルは女性の薄毛に対しても有効であるとの研究結果が発表されています。
また、重篤な副作用もないことが確認済みなので病院などで処方してもらうことが可能です。